皆さん!アッサラムアライクム 私は世界でもっとも誤解されているイスラームを代表として皆様にその本当の姿をお見せしたいと思います。イスラームとは、大まかに言うと、預言者ムハンマド(彼に神の平安あれ)によって説き広められた宗教である。イスラームという言葉はアラビア語では平和を意味します。また、同時に、「服従という意味も持っています。それゆえ、ムスリム(イスラーム教徒)は、その生涯を通じて平和を得ようと努力し、それを維持しようと努めるのであります。ムスリムとは、イスラーム教徒の聖典クルアーンの中に啓示されている神意、すなわちイスラームの聖なる預言者(ムハンマド)に神が啓示された一語一句に服従する者という意味であります。イスラーム教徒は、神の預言者全員を信じています。しかし、聖なる預言者ムハンマドこそ、その預言者たちの中で最も偉大であり、人間の中で最高位に就く方と見なされています。 アハマディア・ムスリム協会は、絶えず変化し急成長を遂げている、イスラーム教内の国際的な復興運動組織である。1889年に設立され、200カ国以上に及び、会員数は数千万人を超える。現在の本部は英国にあります。。現在の本部はイギリスにあり、世界中に1万5千以上のモスク、500以上の学校、30以上の病院を建設し、イスラームの聖書である聖コーランを70以上の言語に翻訳しています。また、24時間制の衛星テレビチャンネル、インターネット、数多くの出版物を通して、イスラームの真の教え、平和と寛容のメッセージを広めています。また、ヒューマニティーファースト(人間性が一番)という名のボランティア団体を通して、自然災害などが発生した際に、支援活動なども行っています。 そして日本では1935年から活動を開始し、多くの活動を行ってきました。1995年に発生した阪神淡路大震災、2004年の新潟中越地震、そして3年前に起きた東日本大震災で数か月にも及ぶ支援活動を行い、日本人の方々に本当の美しいイスラームの姿を見せることが出来ました。 私達は全ての宗教、全ての預言者、全ての聖典に敬意を払って、預言者ムハンマド(彼にアッラーの平安あれ)そして約束されたメシア(アハマディア協会の創始者)の教えに基づいて真のイスラームを広める活動を行っている団体である。 約束されたメシアの教えである「自分の信仰を正しく理解している真のイスラーム教徒は、自分が平和に暮らしている国家のもとで、いつも誠実で従順でいることでしょう。信仰が、国家への誠実さや従順さの妨げになってはなりません。 聖クルアーンの教えによりジハードの正しい意味を理解している。その本当の意味は世界改革のための努力と戦いのことである。人々が平和に暮らせるような世界を創るためのものです。イスラーム教徒にとって最大のジハードとは自己改革であり、自分自身の悪と戦うこともジハードである。 アハマディア協会の現最高指導者であり約束されたメシアの第5番目の後継者でであるハズラット・ミルザ・マスルール・アハマド師が仰ることを守り、世界に平和をもたらすためにいかなる努力も行っている。 国内に三つの支部(名古屋・東京・津島)がある。津島市にあるモスクへは東海地方から信者が集まり、東京にあるアハマディア・センターへは関東地方から信者が集まる。 国際的な集まりであり、日本人以外にもパキスタン人、インド人、アメリカ人、インドネシア人、ナイジェリア人、スリランカ人、ミヤンマー人などがいる。…

Read More 第四回 世界宗教者対話(演説)

アッラーが世界に知恵と良識をお与えくださり、悪意と憎しみを広げるかわりに、すべての宗派が共に、あらゆる悪を終わらせるべく団結して努力し、もしも核兵器がいずれかの国によって使われるようなことがあれば、確実に起こる言葉にできないほどの破壊から、私たちの未来の子供たちが救われますようにと。

Read More 日本国民にとってのイスラームの現実

演説:ハズラット・ミルザ・マスルール・アハマド師
(アハマディア・ムスリム協会第五代後継者)
ワシントンD.C.  キャピタル・ヒルに

Read More 平和への途:国際交流

2006年5月9日ヒルトン東京にて世界アハマディア・ムスリム協会現最高指導者ミルザ・マスルール・アハマド師が演説を行っている様子 200 ご来場の皆さま方、こんばんは。

Read More 日本の皆さんへ平和のメッセージ