パリ、フランス;2019年10月8日(火曜日):国連教育科学文化機関(ユネスコ) 現地時間の午後6時15分頃、ユネスコによる特別セッションが、第五代目カリフの到着と共にパリのミオリスで始まりました。 193の加盟国を持つユネスコは、「教育、科学、文化の国際協力を通じて平和を構築することを目指している」国連機関です。1945年11月16日に署名されたユネスコの憲法は、「対話と相互理解」「人類の知的および道徳的連帯について」です。ユネスコは世界的に多数の慈善的、人道的、知的プロジェクトを実施しています。 ミルザ・マスルール・アハマド氏が到着すると、セッションはユネスコの関係者や他の高官からのスピーチから始まり、その後アセィフ・アリフ氏によるアハマディア・ムスリム協会の紹介が行われました。 紹介の後、第五代目カリフは、ゲストに挨拶し、ユネスコのイベントに感謝しました。 また政治家でも、政治指導者でも、科学者でもない宗教団体の最高指導者に耳を傾けてくれたゲストに感謝しました。   カリフは、ユネスコの設立目的は平和、尊敬、人権。教育、表現の自由、貧困の穏和であるということは、賞賛に値すると述べました。これらがイスラーム教の目的でもあると聞いて、ゲストの中には驚く人もいるかもしれません。この奉仕の教えは、聖クルアーンの最初の章に基づいています。この章はアッラー(神)が身分、信条、色に関係なく全人類の主であることをムスリムに思い起こすためにあります。イスラーム教は、「相互尊重と寛容の価値は社会に組み込まれなければならない」と教えると述べました。 彼(神)の存在を否定しても、すべての人の提供者であり、持続者はアッラー(神)です。彼の恵みと哀れみは、彼の存在を悪く思う人にも影響を与えています。 イスラーム教で神によっての罰または制裁の哲学は、来世に向けられています。この世の人生においては、彼は恵みと慈悲を示し続け、人類にもお互いに思いやり、と同情を示すように命じました。…

Read More “教育の卓越による調和”:UNESCO本部にて ハズラト・ミルザ・マスルール・アハマド氏 (アハマディア・ムスリム協会 現最高指導者) の基調講演

“両親に孝行しなさい。もし両親かまたそのどちらかが,あなたと一緒にいて老齢に達しても,彼らに荒い言葉を使わず,親切な言葉で話しなさい。” (クルアーン 17:24)

Read More 今日は母の日

イスラーム社会の文化について、人々と話していると、必ずといってよいほど、イスラーム教の礼拝のことが話題になります。

Read More サラート・礼拝

これはムハンマド、アブドゥラの息子からのメッセージである。キリスト教を信じる人にたいしての契約として、我々は近かろうと遠かろうと彼らと共にいます。キリスト教徒の市民は私の市民であるため、わたしの使用人、助手、信者は彼等を守ります。アッラーに誓って私は、彼等を不愉快にするものを取り除きます。彼等に強制は一切ありません。

Read More イスラームから見てのキリスト教

この広大な地球上には200ヶ国以上もの国々と様々に異なる人種からなる70億もの人々が、それぞれの環境のもとで生活を営んでいます。生活様式、肌の色、習慣、宗教など全てが違っています。また言葉も異なっています。このように全てが異なっている背景のもとに世界中の人々に最もよく使用され知られている言葉を捜してみるのは面白いことです。

Read More 世界の言葉

イスラームの聖なる預言者ムハンマド(彼にアッラーの平安あれ)の言葉や行動あるいは預言者が認めた行為をさす専門用語です。言い換えますと、ムハンマド預言者(彼にアッラーの平安あれ)の言葉、行動または預言者ムハンマド(彼にアッラーの平安あれ)によって容認されたことが一般的にはハディースと呼ばれています。

Read More ハディースとは ?