アハマディア

アハマディア・ムスリム協会とは

アハマディア・ムスリム協会は、絶えず変化し急成長を遂げている、イスラム教内の国際的な復興運動組織である。1889年に設立され、200カ国以上に及び、会員数は数千万人を超える。現在の本部は英国にある。 

アフマディーヤ・イスラム教徒共同体は、待望の救世主がカーディヤーンのミルザ・グラーム·アハマド師(1835年-1908年)という名で再臨したと信じる、唯一のイスラム教組織である。アハマド師はナザレのイエスの比喩的な再臨であり、預言者、ムハンマド(彼に紙の平安あれ)にその出現を予言された神の案内者であると主張した。アハマディア・ムスリム協会は、神が宗教戦争を終わらせ、流血を非難し、また道徳、正義そして平和を復活させるために、イエスと同じようにアハマド師を遣わしたと信じている。アハマド師の出現は、かつてないイスラム教復興の時代をもたらした。彼はイスラム教の正しい本質的な教えを力強く擁護して、イスラム教から狂信的な教義や習わしを取り除いた。彼はまた、預言者ゾロアスター、預言者ゾアブラハム、預言者ゾモーゼ、預言者ゾイエス、預言者ゾクリシュナ、仏陀様、孔子様、老子やグル=ナーナク【皆に紙の平安あれ】を含む、偉大な宗教の創始者や聖人たちの崇高な教えを認め、それらの教えが、一つの真のイスラム教に如何に収束したかを説明した。

アハマディア・ムスリム協会は、一切のテロ行為を断固として拒否する最も有力なイスラム教組織である。一世紀以上前にアハマド師は、攻撃的な剣によるジハード」はイスラム教に入り込む余地はないと強く明言した。その代わりに、彼はイスラム教を守るために、流血のない、知性に訴えるペンのジハード」を行うように信者に教えた。このために、アハマド師は80冊以上の本や数万通の手紙を書き、数百回の講義を行い、多数の公開討論に加わった。彼の厳正かつ合理的なイスラム教の擁護は、従来のイスラム教徒の考え方をぐらつかせた。イスラム教を復活させる努力の一環として、アハマディア・ムスリム協会は、イスラム世界の地域からの激しい抵抗に直面しても、アハマド師の節度と慎みのある教えを広め続けている。

同様に、それはモスクと国家の分離を是認する唯一のイスラム教組織である。一世紀以上前にアハマド師は、正義の人と同様に忠誠な市民になることで、宗教と政治の両方の尊厳を守るように信者に教えた。彼はクルアーンの見解の不合理な解釈と、イスラム法の誤用を戒めた。彼は絶えず、生きとし生けるものの権利の保護に対する関心を表した。イスラム教徒共同体は現在も、宗教およびその他の少数派のための、普遍的な人権と保護を提唱し続けている。それは女性の権利獲得と教育を擁護している。その会員は世界で最も法律を遵守し、教養がある熱心なイスラム教徒に属する。

アハマディア・ムスリム協会は、中心となる精神的指導者を持つ第一位のイスラム教組織である。一世紀以上前にアハマド師は、カリフ制度を通して、イスラム教の教えを守る神の約束を信者に思い起こさせた。アハマディア・ムスリム協会は、宗教的継承者のみがイスラム教の真の価値を維持し、人類を団結させることができると確信している。1908年のアハマド師の逝去以来、5人の宗教的な指導者が後継者となっている。その5番目である現在の宗教的指揮者、ミルザ・マスルール・アハマド師は英国に住んでいる。                      その宗教的後継者の指導の下、アハマディア・ムスリム協会は現在、15,000以上のモスク、500以上の学校、及び30以上の病院を建設し、聖なるクルアーンを70以上の言語に翻訳している。それは24時間制の衛星テレビのチャンネル(MTA)、インターネット(alislam.org)および印刷物(イスラム教国際出版)を通して、イスラム教の真の教えと、平和と寛容のメッセージを広めている。それは独立した慈善団体、Humanity First(第一に人間愛)を通じて、世界中の災害救助の第一線に立ってきた。

約束されたメシアであり、マハディであるカーディアン生れのハズラト・グラーム・アハマド師の定めた

10の規律

.信徒たる者、その死に到る日まで、シルク(何であれ神と居並ぶもの)を絶ち、神のみに仕えよ。

.信徒たる者、虚言、偶像礼拝姦通、ガゼバサル 眼で見ることにより邪な心を持つこと、放蕩、散財、残忍、不正直、暴力、媒反を避け、これを慎み、いかに強い衝動に駆けられようと、その熱情に身を委ねることなかれ。

.信徒たる者、神と聖なる預言者の戒律により、一日五回の礼拝を日々怠ることなくタハジュド(夜明け前の任意の祈り)もできる限り守るべく、最善を尽くし、聖なる預言者へのドゥルード(祝福)を切に願うべし。即ち、罪の許しを請い、神のみ恵みを謝し、神を崇め、その栄光を讃えることを日々の業とすべし。

.信徒たる者、いかなる衝動に突き動かされようと、その言葉により、腕力により、他のいかなる手段によっても、アッラーの創造された生き物は何であれ、とりわけイスラム教徒を傷つけることなかれ。

.信徒たる者、悲しき時、喜びの時、逆境の時、栄華の時、幸運の時、試練の時、人生のいかなる局面においても、神に忠誠を尽くせ。即ち、いかなる場合にもアッラーの掟を遵守し、信仰の途上、あらゆる種類の屈辱や苦難にも直面する覚悟を持ち、その道より迷い出ず、逆にいかなる不幸に見舞われてもその道を一途に進むべし。

.信徒たる者、イスラムの教えに背く習慣や、欲望のおもむくままなる性癖を絶ち、聖典クルアーンの尊敬の為自らその教えを全うし、神の言葉と聖なる預言者の預言を人生の途次における標とし、その教えに従うべし。

.信徒たる者、傲りも虚栄も捨て、その人生を謙遜、つましさ、礼節、忍耐と柔和に徹して歩むべし。

.信徒たる者、信仰を堅持せよ。信仰の栄誉を、イスラム教の大儀を、その人生、富、名誉、子供、その他あらゆる大切なものにも増して慈しめ。

.信徒たる者、ただ神のみ心に添うべく、神の創造物たる人に任えよ。神より与えられた能力と力の限りを尽くして、人々の幸せのために努めよ。

.信徒たる者、神に仕えるこの貧しき下僕、私、と兄弟の契りを交わし、アッラーのみ心に添う総ての良きことの為に、私に従い、死に到る日まで、その契約に忠誠であれ。また、信徒たる者、他のいかなる世俗的な関係や繋がりの中にも決して見出せない強い献身をもって、この契約を遵守すべし。

                                          (翻訳)

            (イシテハール・タックミール・エ・タブリーグ  1889112日)